販路拡大の補助金・助成金・支援金の一覧

記事一覧

1〜10 件を表示/全1792

絞り込み
エリア
利用目的
業種
公募期間:2024/04/01~2025/02/28
岡山県玉野市:中小企業ステップアップ支援事業補助金
上限金額・助成額
20万円

市内中小企業者による経営基盤強化に繋がる取組に必要な経費の補助制度を設けています。
下記の5つの区分でご用意していますので、内容をご覧いただき、ぜひご活用ください。

 A.人材育成:研修の受講や技能検定等の受験による人材育成
 B.販路開拓展示会・商談会への出展による販路開拓
 C.情報発信:ホームページ・ECサイトの作成・更新、企業紹介動画の作成による情報発信
 D.人材確保:就職説明会への出展・求人情報サイトへの掲載等による人材確保
 E.外部人材・サービス活用:課題解決のための専門家・副業人材や各種サービスの活用

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/02/28
岡山県津山市:令和6年度 つやま企業サポート事業補助金(販路開拓サポート補助金)
上限金額・助成額
40万円

津山市内の中小企業等の新規取引先や事業提携先等の販路開拓を支援することを目的に各費用の一部を補助します。

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/03/31
香川県丸亀市:創業支援事業補助金
上限金額・助成額
30万円

丸亀市の産業の振興及び活性化を図るため、丸亀市内で新規に創業する方に対して、創業後の販路開拓の経費の一部を補助します。

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/03/31
山形県:園芸産地生産基盤パワーアップ支援事業費補助金(収益性向上対策)
上限金額・助成額
0万円

山形県では競争力の高い「園芸大国やまがた」の実現に向け、園芸産地を支える担い手の規模拡大等により、収益性向上・生産基盤強化に計画的に取り組む産地づくりを支援します。
補助率:1/2以内

農業,林業
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/03/31
山形県:農林水産物・食品輸出促進対策整備交付金(食品産業の輸出向けHACCP等対応施設整備緊急対策事業)
上限金額・助成額
50000万円

食品製造事業者及びサプライチェーンを構成する事業者等が、政府機関が定める輸入条件(輸出先国の政府機関が当該輸出先国に輸入される農林水産物又は食品について定める食品衛生、動植物又は畜産物の検疫その他の事項についての条件をいう。以下同じ。)への対応(輸出促進法の第17条に基づく適合施設の認定への対応を含む。)並びにISO(国際標準化機構)、GFSI(世界食品安全イニシアティブ)承認規格、有機JAS及びハラール・コーシャ等の認証取得への対応に必要となる施設や機器の整備及び施設や機器の整備と一体的に行い、その効果を高めるために必要となるコンサルティング等に要する経費を支援します。 
補助率:1/2以内 ・ 補助上下限額:250万円~5億円

製造業
運送業
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/03/31
福島県白河市:アグリビジネス連携事業補助金
上限金額・助成額
50万円

市内に住所又は事業所、事務所を有する方が白河市内で生産される農畜産物の産地化につながる取り組みや、当該農畜産物を活用した新たな商品開発、販路の拡大等に向けた取り組みを支援する補助金制度を創設しました。
以下の5事業が補助対象となり、いずれも補助率は対象経費の3分の2で、それぞれに補助上限額があります。補助金は予算の範囲内で交付し、予算額に到達次第、募集を締め切ります。

1. 市内農畜産物パッケージ等開発事業
2. 市内農畜産物販路開拓事業
3. 
新商品プラン創出事業
4. 新商品事業化推進事業
5. 新商品販路開拓等事業

農業,林業
ほか
公募期間:2024/06/01~2024/06/28
公募期間:2024/06/01~2024/06/28
公募期間:2024/04/16~2025/03/31
青森県弘前市:ひろさきブランド販路開拓補助金
上限金額・助成額
50万円

弘前市では、中小企業者等が持つ独自の技術・製品及び工芸品の販路拡大、新規需要開拓を促進するために、市内の中小企業者等が国内外の見本市等へ出展する経費の一部を補助します。

(※今年度から、オンライン形式の展示会へ出展する事業も、補助対象事業となりました。)

全業種
ほか
公募期間:2024/04/15~2024/05/24
全国:令和6年度 貿易プラットフォーム活用による貿易手続デジタル化推進事業費補助金
上限金額・助成額
5000万円

貿易プラットフォーム(以下、「貿易PF」という。)の利用拡大による貿易円滑化と貿易コストの削減を目指し、貿易PF と利用企業の社内システムとの連携構築に係る費用の一部、貿易PF 間の連携構築に係る費用の一部、及び貿易PF を活用した貿易手続のデジタル化実証に係る費用の一部を補助する事業です。

本事業を通じて、令和10年度までに貿易PFを通じてデジタル化された貿易取引の割合を10%とすることを目標とします。

全業種
ほか
1 2 3 180