雇用定着(福利厚生)関係の補助金・助成金・支援金の一覧

記事一覧

1〜10 件を表示/全828

絞り込み
エリア
利用目的
業種
公募期間:2024/04/01~2025/02/28
岡山県玉野市:中小企業ステップアップ支援事業補助金
上限金額・助成額
20万円

市内中小企業者による経営基盤強化に繋がる取組に必要な経費の補助制度を設けています。
下記の5つの区分でご用意していますので、内容をご覧いただき、ぜひご活用ください。

 A.人材育成:研修の受講や技能検定等の受験による人材育成
 B.販路開拓展示会・商談会への出展による販路開拓
 C.情報発信:ホームページ・ECサイトの作成・更新、企業紹介動画の作成による情報発信
 D.人材確保:就職説明会への出展・求人情報サイトへの掲載等による人材確保
 E.外部人材・サービス活用:課題解決のための専門家・副業人材や各種サービスの活用

全業種
ほか
公募期間:2024/10/01~2025/03/31
岩手県一関市:新規高卒者・若者等人財育成支援事業補助金
上限金額・助成額
0万円

 一関市では、新規高卒者、若者等(大卒等の新規学卒者及びUIJターン者)の地元就職及び定着を促進するため、雇い入れた事業主に対して、人材育成に要した経費の一部を助成します。

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/01/31
岩手県一関市:働く女性の意識向上促進事業費補助金
上限金額・助成額
5万円

女性が活躍できる職場づくりを進めている会社や事業所が、職員同士の相互理解を深めたり、女性のキャリア形成に対する意識向上を図ったりするために講演会などを開催するための経費を補助します。

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2024/12/27
福島県福島市:令和6年度 福島市風力発電メンテナンス資格取得施設運営費補助事業
上限金額・助成額
320.4万円

脱炭素社会の実現に向け、風力発電関連産業に従事する人材の育成を図るため、市内の風力発電メンテナンス資格取得施設の運営に係る費用を一部補助します。

電気・ガス・熱供給・水道業
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/03/31
福島県郡山市:豊かな地域農業を担う農家育成事業
上限金額・助成額
5万円

郡山市では、今後の地域農業を担う農家の育成事業を実施しています。
この事業は、担い手農家の皆さんが、先進的な農業経営等の視察や実践研修、専門家による経営改善ア
ドバイスにより、時代に対応できる知識・技術を習得することを目的としています。

農業,林業
ほか
公募期間:2024/04/02~2025/03/31
福島県会津若松市:人材育成事業補助金
上限金額・助成額
20万円

商店街等や中小・小規模企業者などが研修事業を主催する場合や、他の団体等が主催する研修事業等に参加する場合、費用の一部を補助します。

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/02/28
岡山県津山市:令和6年度 つやま企業サポート事業補助金(長期研修会参加サポート補助金)
上限金額・助成額
20万円

岡山県産業振興財団、中小企業基盤整備機構、QCサークル中国・四国支部岡山地区等が実施する研
修会、㈱ボーダレスアカデミーが運営するソーシャルビジネススクール事業※1にて開講する講座・
プログラムに参加する費用を補助する

全業種
ほか
公募期間:2024/04/01~2025/02/28
岡山県津山市:つやま企業サポート事業補助金(デジタル人材育成支援サポート補助金)
上限金額・助成額
10万円

市内の中小企業者が、社員等のデジタルリテラシー向上を支援し、デジタル化の促進を図るために行う研修等に要した費用の一部を補助します。

全業種
ほか
公募期間:2024/06/03~2024/10/31
高知県:令和6年度 高知県働きやすい環境整備事業費補助金
上限金額・助成額
600万円

働く意欲のある人が、適材適所で活躍できるような環境整備を行う中小企業を支援します。

全業種
ほか
公募期間:2024/06/01~2024/10/15
全国:個人ばく露測定定着促進補助金
上限金額・助成額
0万円

個人ばく露測定は、法令で義務が課され実施している場合(アーク溶接作業等)があるが、一方で、法令で義務が課されていない場合(リスクアセスメント<※1>の一環として個人ばく露測定を行う、技術上の指針<※2>等に基づき実施する個人ばく露測定)でも個人ばく露測定を実施されているところである。
⚫ 個人ばく露測定は、令和4年4月1日に初めて法令で義務が課されたもので、その歴史は浅く、日本国内で個人ばく露測定が定着している状況とは言いがたい。
⚫ 一方で、個人ばく露測定は、法令で義務が課されていないものの、リスクアセスメントの一環として実施したり、適切な呼吸用保護具を選定するために実施されており、これらは労働災害を防止に資するものであるとともに、個人ばく露測定の定着・促進を図ることが、今後の労働災害の減少に大きく寄与するものと思料する。
⚫ このため、個人ばく露測定の普及定着を図るために、リスクアセスメントの一環として実施する個人ばく露測定及び技術上の指針等に基づき適切な呼吸用保護具を選択するために実施するばく露測定に要する費用の一部を補助する。
※1:労働安全衛生法第57条の3第1項に基づく危険性または有害性の調査
※2:令和5年4月27日付け化学物質による健康障害防止のための濃度の基準の適用等に関する技術上の指針(技術上の指針公示第24号)

全業種
ほか
1 2 3 83