漁業の補助金・助成金・支援金の一覧

記事一覧

1〜10 件を表示/全189

絞り込み
エリア
利用目的
業種
公募期間:2023/11/20~2023/12/05
全国:令和5年度海技士確保支援事業
上限金額・助成額
4958.3万円

近年、漁船漁業の乗組員不足が深刻化しており、とりわけ海技資格を有する漁船乗組員は、高齢に偏った年齢構成となっていることから、海技士の確保や海技資格の取得等を支援することにより、次世代を担う若手の海技士の計画的な確保・育成を促進していくことを目的とします。

漁業
ほか
公募期間:2023/11/20~2023/12/05
全国:令和5年度漁業担い手確保緊急支援事業
上限金額・助成額
20084.3万円

就職氷河期世代(現在、30代半ばから40代半ばに至っている、雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代)を含む新規就業者の確保と定着を促進するため、通信教育等を通じたリカレント教育の受講を支援するほか、漁業への就業前の者に対する資金の交付、漁業の就業相談会の開催、インターンシップの受入支援、漁業現場での長期研修の実施等を支援することで、漁業の将来を担う人材を育成することを目的とします。
補助率:定額

漁業
ほか
公募期間:2023/04/20~2023/11/30
宮城県:令和5年度 宮城県養殖業飼料価格高騰対策事業費支援金
上限金額・助成額
0万円

不安定な国際情勢や円安の影響等による配合飼料の高騰により、影響を受けている宮城県内の海面魚類養殖業を営む方々の経営安定を図るため、配合飼料の購入量に応じた支援事業を行っています。

なお、令和5年8月4日に令和5年度宮城県養殖業飼料価格高騰対策事業費支援金交付要綱を改正し、支援内容の拡充と様式等の変更を行いました。

漁業
ほか
公募期間:2023/11/20~2023/12/05
全国:令和5年度不漁に対応した操業体制緊急構築実証事業のうちさけ定置合理化等実証事業
上限金額・助成額
5005.4万円

さけ定置の合理化等に向けて漁協等が行う陸上養殖転換、養殖生産拡大等の実証の取組に対して支援を行い、収支構造の転換を促進することにより、消費者への水産物の安定供給の維持、漁業者の所得維持・向上を図ることを目的とします。

漁業
ほか
公募期間:2023/11/20~2023/11/30
沖縄県:モズク消費拡大緊急対策事業
上限金額・助成額
6488万円

沖縄県では新型コロナウイルス感染症拡大に伴う消費低迷の影響を受け、加工業者や漁協等で冷凍保管されているモズクの過剰在庫の解消を図るため、モズクの消費促進活動の拡充や、テレビやSNS等での情報発信など一体的に取り組む事業者等を補助いたします。

補助上限:1申請あたり64,880,000円

漁業
ほか
公募期間:2023/10/16~2023/12/25
公募期間:2023/05/15~2023/11/16
福島県:農産物等海外販路開拓支援事業
上限金額・助成額
300万円

福島県では、海外販路拡大と輸出環境整備を通じて、福島県産農林水産物およびその加工品の輸出拡大に取り組む意欲的な事業を応援します。
・補助額
(1)海外販路拡大
民間団体---150万円以内、県域等農業団体---300万円以内
※ただし、補助対象経費の4分の3以内
(2)輸出環境整備
民間団体---150万円以内、県域等農業団体---300万円以内

農業,林業
漁業
製造業
ほか
公募期間:2023/10/27~2024/03/31
全国:ALPS処理水関連の水産業の緊急国内加工体制の強化対策事業
上限金額・助成額
0万円

ALPS処理水放出に伴い、ALPS処理水関連の輸入規制強化等を踏まえ、全国の水産業支援に万全を期すべく、国内加工体制の強化を図り、特定国・地域以外の国・地域への輸出、国内の販路拡大等により特定国・地域依存を分散することが重要です。
このため、持続的・安定的に水産業のなりわいや事業が継続できるよう、水産物の新たな需要・供給構造を構築する取組を支援します。

漁業
ほか
公募期間:2023/10/20~2024/03/31
全国:ALPS処理水関連緊急新規需要開拓等支援事業
上限金額・助成額
0万円
漁業
ほか
1 2 3 19