小矢部市の補助金・助成金・支援金の一覧

記事一覧

1〜10 件を表示/全33

絞り込み
エリア
利用目的
業種
公募期間:2024/02/13~2024/04/30
富山県小矢部市:令和6年能登半島地震に係る倒壊ブロック塀等収集運搬費償還金
上限金額・助成額
0万円

令和6年能登半島地震により倒壊したブロック塀等に関して生活環境の保全上の支障を除去するため、早期の安全確保を目的とし、自らの費用負担により収集運搬を行った方に対し、当該収集運搬に要した費用の償還を行います。

全業種
ほか
公募期間:2024/02/28~2024/04/30
富山県小矢部市:被災事業者支援助成金
上限金額・助成額
3万円

令和6年1月1日に発生した能登半島地震(以下「地震」という。)により被害を受けた市内の事業者(個人事業主を含む。)に対し、事業の復旧と継続に要した経費の一部を、小矢部市被災事業者支援助成金として予算の範囲内において支給します。

全業種
ほか
公募期間:2024/02/27~2024/05/31
富山県小矢部市:令和6年能登半島地震で被災した損壊家屋等の公費による解体・撤去制度
上限金額・助成額
万円

令和6年能登半島地震により被災した損壊家屋等について、市が公費により解体・撤去する制度です。
損壊家屋等の所有者の申請に応じて、市が災害廃棄物として解体・撤去を行います。

■制度の概要
①公費解体:市が解体・撤去します(費用負担なし)。
②自費解体(費用償還):自費で解体・撤去した場合、その費用の全部又は一部を市が償還します。
 ※自費解体(費用償還)の場合、全額が償還されない場合があります。

比較表
  メリット デメリット
公費解体 一時的にも費用負担が発生しない。

解体作業までに時間を要する。

自費解体 早く解体作業を実施できる。

・一時的な費用負担が発生する。
・全額償還されない場合がある。

全業種
ほか
公募期間:2024/01/17~2024/02/29
富山県小矢部市:運輸事業者燃料価格高騰対策支援金
上限金額・助成額
0万円

原油価格高騰の影響を受けている市内の運輸事業者の事業継続を支援するため、対象車両の台数に応じて支援金を支給します。

■支給額
・普通自動車及び小型自動車 1台につき1万5千円
・軽自動車 1台につき1万円

運送業
ほか
公募期間:2023/04/10~2024/03/29
富山県小矢部市:制度融資に係る保証料助成
上限金額・助成額
0万円

小矢部市では市内に主たる事業所または営業所を有する個人、法人の事業振興と経営改善を図るため、融資を受ける際に信用保証協会へ支払う信用保証料について、一部助成を行っています。
・助成額
納付した保証料の2分の1(限度額なし)

全業種
ほか
公募期間:2023/03/06~2024/03/29
富山県小矢部市:小規模事業者経営改善資金(マル経融資)利子補給制度
上限金額・助成額
10万円

小矢部市では平成26年4月1日以降にマル経融資の申込みを行い実行を受けた小規模事業者に対し、償還開始から2年間にわたり、支払い利子の2分の1の利子補給を行います。(利子補給金の限度額は運転資金の場合5万円、設備資金の場合10万円)

全業種
ほか
公募期間:2023/06/14~2024/03/29
富山県小矢部市:ビヨンドコロナ応援資金利子補給制度
上限金額・助成額
0万円

小矢部市では県融資制度「ビヨンドコロナ応援資金」を利用する市内事業者に対して支払利子の1/2を12か月間、利子補給することで経営改善に向けた取り組みを支援します。
・利子補給金の額
令和5年度中に借入金融機関へ支払った利子の1/2の額
初回の利子支払日より12か月分

全業種
ほか
公募期間:2023/03/06~2024/03/29
富山県小矢部市:ペレットストーブ設置推進事業補助金
上限金額・助成額
5万円

小矢部市では平成28年度から地球温暖化対策を推進するとともに木材利用の拡大による関連事業の活性化に寄与するため、ペレットストーブの設置に対する補助制度があります。
補助対象経費の3分の1(千円未満切捨/上限5万円)

全業種
ほか
公募期間:2023/03/06~2024/03/29
富山県小矢部市:産婦人科医療施設開設等事業補助金
上限金額・助成額
10000万円

小矢部市では安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進めるため、市内に新たに分娩を取り扱う産婦人科医療施設を開設等しようとする方に対し、開設等に要する経費の一部を補助します。
補助金の額:100,000,000円を限度とします。

医療,福祉
ほか
公募期間:2023/03/06~2024/03/29
富山県小矢部市:電気柵等の設置補助金
上限金額・助成額
10万円

小矢部市では、市内の農作物被害の主要因である、イノシシ等の被害軽減・防止対策(「侵入防止対策」)として、侵入防止柵(恒久柵,防護ネット,電気柵等)を購入する際に係る費用に対して、補助金を交付しています。
補助対象経費の3分の1以内(上限額10万円)

農業,林業
ほか
1 2 3 4