全国:(暫定)令和5年度補正予算 商用車の電動化促進事業(トラック・タクシー)

この記事は約1分で読めます。
全国:(暫定)令和5年度補正予算 商用車の電動化促進事業(トラック・タクシー)
全国
全業種

BEVやFCVの野心的な導入目標を作成した事業者や、非化石エネルギー転換に伴う影響を受ける事業者等に対する、車両の導入費の集中的支援

1000万円

本事業は令和5年度補正予算において継続実施予定です。
https://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/enetoku/2024/

以下は令和5年度予算の内容です。
------
2050年カーボンニュートラルの達成を目指し、トラック・タクシーの電動化(BEV、PHEV、FCV)を支援。

■事業内容
本事業では、商用車(トラック・タクシー)の電動化(BEV、PHEV、FCV※)を集中的に支援することにより、今後10年間での国内投資を呼び込み、商用車における2030年目標である8トン以下:新車販売の電動車20~30%、8トン超:累積5000台先行導入を実現し、別途実施される乗用車の導入支援等とあわせ、運輸部門全体の脱炭素化を進める。また、車両の価格低減やイノベ-ションの加速を図ることにより、価格競争力を高める。
具体的には、改正省エネ法で新たに制度化される「非化石エネルギー転換目標」を踏まえた中長期計画作成義務化に伴い、BEVやFCVの野心的な導入目標を作成した事業者や、非化石エネルギー転換に伴う影響を受ける事業者等に対して、車両の導入費の集中的支援を実施する。
※BEV:電気自動車、PHEV:プラグインハイブリッド車、FCV:燃料電池自動車

環境省
大企業,中堅企業,中小企業者,小規模企業者
33%
トラック・タクシーの電動化(BEV、PHEV、FCV)
2023/06/27
2024/03/31
(1)本事業は、事業者が次に掲げる自動車であって、JATAホームページに掲載されている 「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」の対象となる自動車又は事前登録された自動車をタクシーとして導入する事業を対象とします。
① 電気自動車 (電気を動力源とし、かつ、動力源とする電気を外部から充電する機能を備えている自動車)
② プラグインハイブリッド自動車 (エンジンとモーターを組合せた動力源をもち、かつ、外部電源による充電設備を備えている自動車)
③ 燃料電池自動車 (燃料電池によって駆動される電動機を原動機とし、内燃機関を併用しない自動車)
(2)補助対象車両は、令和5年4月3日から令和6年3月4日(補助対象車両を購入後に交付申請する場合は令和6年 1 月 31 日)までに新車として新規に登録する(された)車両であること。(割賦販売による所有権留保は認められません。)

申請は JATA 電子申請システム※1から行ってください。やむを得ず JATA 電子申請システムから申請できない場合には、郵便又は総務大臣の認可を受けた事業者が取り扱う信書便※2での提出(当日受付印有効)あるいは持参(土日、祝祭日を除く、午後 5 時まで))のいずれかとします。
電子申請システム jGrants※3 (以下「jGrants」という。)でも、補助事業の詳細が確認できます。
※1:JATA 電子申請システム URL:https://www.ataj.or.jp/
※2:宅配便及び一般運送は、郵便法、信書便法等の規定により申請書(信書)を取り扱うことができません。ご注意ください。
※3:jGrants とは、経済産業省が開発した補助金申請システムです。
jGrants ホームページ URL:https://www.jgrants-portal.go.jp/

〇トラック:一般財団法人環境優良車普及機構 https://www.levo.or.jp        〒160-0004 東京都新宿区四谷二丁目14-8        TEL:03-5944-0883 E-mail:evhojo@levo.or.jp  〇タクシー:公益財団法人日本自動車輸送技術協会 https://www.ataj.or.jp        〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2-5 全日本トラック総合会館8階  TEL:03-6836-1203 E-mail:kanhojo@ataj.or.jp

本事業は令和5年度補正予算において継続実施予定です。
https://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/enetoku/2024/

以下は令和5年度予算の内容です。
——
2050年カーボンニュートラルの達成を目指し、トラック・タクシーの電動化(BEV、PHEV、FCV)を支援。

■事業内容
本事業では、商用車(トラック・タクシー)の電動化(BEV、PHEV、FCV※)を集中的に支援することにより、今後10年間での国内投資を呼び込み、商用車における2030年目標である8トン以下:新車販売の電動車20~30%、8トン超:累積5000台先行導入を実現し、別途実施される乗用車の導入支援等とあわせ、運輸部門全体の脱炭素化を進める。また、車両の価格低減やイノベ-ションの加速を図ることにより、価格競争力を高める。
具体的には、改正省エネ法で新たに制度化される「非化石エネルギー転換目標」を踏まえた中長期計画作成義務化に伴い、BEVやFCVの野心的な導入目標を作成した事業者や、非化石エネルギー転換に伴う影響を受ける事業者等に対して、車両の導入費の集中的支援を実施する。
※BEV:電気自動車、PHEV:プラグインハイブリッド車、FCV:燃料電池自動車

運営からのお知らせ