北海道札幌市:自家消費型太陽光発電設備導入補助金

この記事は約1分で読めます。
北海道札幌市:自家消費型太陽光発電設備導入補助金
札幌市
全業種

設備導入費

245万円

太陽光発電設備で発電した電力を、自らの会社内や共同住宅などで消費することをいいます。
これまで、太陽光発電設備によって発電した電気は、固定価格買取制度(FIT)によって、売電されてきましたが、買取価格が毎年低下していることに加え、電気料金が上昇していることから、昨今は自家消費することが有利という考えが主流になっています。

札幌市では「自家消費型太陽光発電設備」を導入する企業等に対して、設置費用の一部補助を開始します。
・太陽光発電設備
出力の合計 1kWあたり5万円
(注)太陽電池モジュールの出力合計と、パワコンの出力合計のうち低い方の値です。
(注)補助額の上限は、245万円(49kW)です。
・定置用蓄電池
工事費用(補助対象費用)の1/3
注)補助額の上限は、以下のとおり。
業務用蓄電池(容量4,800Ah・セル以上)の場合、1kWhあたり6万3千円(上限16.6kWh)
家庭用蓄電池(容量4,800Ah・セル未満)の場合、1kWhあたり5万1千円(上限16.6kWh)

札幌市
中小企業者,小規模企業者
0%
下記を導入すること
・太陽光発電設備
・定置用蓄電池
2022/11/24
2023/01/31
市内にある事務所・事業所等(店舗併用住宅含む)に対象機器を設置しようとする者。
市内にある区分所有住宅等の共用部分に対象機器を設置しようとする者。
市内に自ら所有する共同住宅の共用部又はテナントビルに対象機器を設置しようとする者。

※本補助制度への申込み時点に、対象機器の設置に係る契約を締結していないこと。
要綱・様式は公募ページからダウンロードできます。
先着順にて受付を行い、補助申請額が予算額に達した日をもって募集を終了します。

065-0012 札幌市北十二条郵便局留め「自家消費型太陽光発電設備導入補助金受付係 電話番号 011-700-0699

太陽光発電設備で発電した電力を、自らの会社内や共同住宅などで消費することをいいます。
これまで、太陽光発電設備によって発電した電気は、固定価格買取制度(FIT)によって、売電されてきましたが、買取価格が毎年低下していることに加え、電気料金が上昇していることから、昨今は自家消費することが有利という考えが主流になっています。

札幌市では「自家消費型太陽光発電設備」を導入する企業等に対して、設置費用の一部補助を開始します。
・太陽光発電設備
出力の合計 1kWあたり5万円
(注)太陽電池モジュールの出力合計と、パワコンの出力合計のうち低い方の値です。
(注)補助額の上限は、245万円(49kW)です。
・定置用蓄電池
工事費用(補助対象費用)の1/3
注)補助額の上限は、以下のとおり。
業務用蓄電池(容量4,800Ah・セル以上)の場合、1kWhあたり6万3千円(上限16.6kWh)
家庭用蓄電池(容量4,800Ah・セル未満)の場合、1kWhあたり5万1千円(上限16.6kWh)

補助金クラウドの申請支援実績公開中!

▼支援事例は画像をクリックして確認ください

補助金のご相談なら補助金クラウド

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金クラウドにご相談ください。
補助金クラウドMag.が全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

補助金クラウドが全国で選ばれる3つの特徴

  • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
  • 申請前の相談はすべて無料
  • 採択率90%以上(直近実績)

独自のクラウドシステムおよび補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。

>>事業再構築補助金の申請代行はこちら
>>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

 

シェア

運営からのお知らせ