全国:文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業/地域の中核劇場・音楽堂等活性化事業)

この記事は約1分で読めます。
全国:文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業/地域の中核劇場・音楽堂等活性化事業)
全国

出演費 、音楽費、文芸費、舞台費、運搬費、会場費、旅費、謝金、印刷費、宣伝費、諸経費、委託費

4000万円

地域の中核的役割を担う劇場・音楽堂等が、地域の特性・ニーズを踏まえ、地域の文化拠点としての機能を最大限発揮する取組(公演事業、人材養成事業、普及啓発事業)に対して活動別に支援します。
本体事業(バリアフリー・多言語対応を除く)の助成金の額は、助成対象経費の2分の1以内、かつ自己負担金の範囲内とします。
助成金の額は、上限を4,000万円とします。 

文化庁
大企業,中堅企業,中小企業者,小規模企業者
50%
助成の対象となる事業は、劇場・音楽堂等が自ら主催し、経費を負担して行うもので、それぞれの目標の達成に向けて地域住民や実演家団体等とともに取り組む、特色ある優れた実演芸術に関する「公演事業」、「人材養成事業」、「普及啓発事業」を助成対象とします。
2022/11/01
2022/11/15
①又は②のいずれかに該当し、③の要件を満たす者とします。
① 劇場・音楽堂等を設置する者又は運営する者であって、次のいずれかの要件を満たす者。
ア 地方公共団体 イ 法人格を有する者 ※ 指定管理者制度を導入している劇場・音楽堂等については、設置者及び指定管理者の連名により応募してください。指定管理者制度を導入していない公立の劇場・音楽堂等については、設置者と運営者は同一としてください。
② 設置者、運営者、地方公共団体、実演芸術団体(実演芸術に関する活動を行う団体及び芸術家)等、地域住民の代表者等で構成された実行委員会(設置者又は運営者が実行委員会の中核団体となっていることが必須)。
③ 会計責任者を置くとともに、これとは別に、本助成事業に係る会計関係書類をチェックする監査責任者を置き、会計処理を適正かつ正確に行うことができる体制を有していること。

応募に際しては、公募ホームページで事前登録をした上で、助成金交付要望書データのアップロードが必要です。
要望書のアップロードには事前登録が必要です。
令和4年10月31日(月)までに、事前登録・応募ページ (http s://gekijo-ongakudo.ntj.jac.go.jp/jizen/)より登録を行ってください。
応募相談期間:令和4年10月3日(月)~10月31日(月)
※午前10時から午後5時(土・日曜日と祝日を除く)
応募書類提出(アップロード)期間は、以下の通りです。
令和4年11月1日(火)10:00 ~ 令和4年11月15日(火)17:00

株式会社富士通総研 「劇場・音楽堂等機能強化推進事業」事務局 E-mail : fri-infog@ml.jp.fujitsu.com

地域の中核的役割を担う劇場・音楽堂等が、地域の特性・ニーズを踏まえ、地域の文化拠点としての機能を最大限発揮する取組(公演事業、人材養成事業、普及啓発事業)に対して活動別に支援します。
本体事業(バリアフリー・多言語対応を除く)の助成金の額は、助成対象経費の2分の1以内、かつ自己負担金の範囲内とします。
助成金の額は、上限を4,000万円とします。 

運営からのお知らせ