北海道北見市:バス待合所環境整備補助金

この記事は約1分で読めます。
北海道北見市:バス待合所環境整備補助金
北見市
全業種

ベンチ等本体及び付属設備に要する経費、配送及び設置に要する経費、その他市長が必要と認める経費

20万円

北見市では、市内の公共交通の利便性の向上を目的として、路線バス利用者のバス待ち環境の向上を図るため、バス停留所におけるベンチ等の設置に要する費用の一部を補助する制度を設けています。
補助金交付額は、1停留所につき補助対象経費の20万円を限度とします。

北見市
中小企業者,小規模企業者
0%
北見市内の路線バス停留所にベンチ等を設置する事業であって、次号のいずれにも該当するもの。
ベンチ等の材質は、再生木材チップを活用した樹脂製を基本とする。
ベンチ等の座面の高さ、奥行き等については高齢者の利用に配慮すること。
設置後のベンチ等の管理及び維持補修について、設置者が責任をもって行い、管理者が分かるよう明示すること。
2022/04/01
2023/03/31
設置するベンチ等の管理能力があると判断できる町内会、法人等の団体

※まず、北見市地域振興課に相談してください。
要綱・様式は公募ページからダウンロードできます。
事業開始前に持参により提出してください。

企画財政部地域振興課(地域交通係) 電話:0157-25-1128 ファクシミリ:0157-24-1101 Eメール:chiikishinko@city.kitami.lg.jp

北見市では、市内の公共交通の利便性の向上を目的として、路線バス利用者のバス待ち環境の向上を図るため、バス停留所におけるベンチ等の設置に要する費用の一部を補助する制度を設けています。
補助金交付額は、1停留所につき補助対象経費の20万円を限度とします。

補助金クラウドの申請支援実績公開中!

▼支援事例は画像をクリックして確認ください

補助金のご相談なら補助金クラウド

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金クラウドにご相談ください。
補助金クラウドMag.が全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

補助金クラウドが全国で選ばれる3つの特徴

  • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
  • 申請前の相談はすべて無料
  • 採択率90%以上(直近実績)

独自のクラウドシステムおよび補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。

>>事業再構築補助金の申請代行はこちら
>>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

 

シェア

運営からのお知らせ