神奈川県横浜市:電気自動車等用充電設備設置費補助金

この記事は約1分で読めます。
神奈川県横浜市:電気自動車等用充電設備設置費補助金
横浜市
全業種

設備導入費

75万円

横浜市では、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車といった次世代自動車普及促進のため、集合住宅へ設置する充電設備(EV等充電設備)に対して補助事業を実施します。
補助対象経費から経済産業省補助金を除いた額の3分の1
但し、1集合住宅当たり5基を上限とし、1基当たりの上限額は(1)(2)に記載の額とします。
(1)普通充電設備・充電コンセントスタンド  1基あたり上限額15万円 
(2)充電コンセント  1基あたり上限額8万円 

横浜市
中小企業者,小規模企業者
33%
充電設備(EV等充電設備)を設置する事業者
2022/06/30
2023/02/24
(1)集合住宅の管理組合、集合住宅を所有している方等
(2)(1)の方から許諾を受けて、補助対象設備を設置し、所有するリース会社、カーシェアリング事業者等

※令和5年3月24日(金曜日)までに実績報告書を提出することが必要です。
※※可能な限り、経済産業省補助金の交付決定を受けたうえで申請してください。
要綱・様式は公募ページからダウンロードできます。
申請書等必要書類は郵送にてご提出ください。

〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10 23階 横浜市環境創造局環境エネルギー課

横浜市では、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車といった次世代自動車普及促進のため、集合住宅へ設置する充電設備(EV等充電設備)に対して補助事業を実施します。
補助対象経費から経済産業省補助金を除いた額の3分の1
但し、1集合住宅当たり5基を上限とし、1基当たりの上限額は(1)(2)に記載の額とします。
(1)普通充電設備・充電コンセントスタンド  1基あたり上限額15万円 
(2)充電コンセント  1基あたり上限額8万円 

補助金クラウドの申請支援実績公開中!

▼支援事例は画像をクリックして確認ください

補助金のご相談なら補助金クラウド

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金クラウドにご相談ください。
補助金クラウドMag.が全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

補助金クラウドが全国で選ばれる3つの特徴

  • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
  • 申請前の相談はすべて無料
  • 採択率90%以上(直近実績)

独自のクラウドシステムおよび補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。

>>事業再構築補助金の申請代行はこちら
>>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

 

シェア

運営からのお知らせ