東京都:省エネ型ノンフロン機器普及促進事業

この記事は約2分で読めます。
東京都:省エネ型ノンフロン機器普及促進事業
東京都
全業種

助成対象機器の購入費、運搬据付費及び工事費

3000万円

令和5年9月29日より電子申請開始に伴い、申請フォームへの入力にて申請が可能となります

・電子申請開始後の申請方法は電子申請又は郵送のみとなります。
・電子申請開始前にすでにメールまたは郵送にて申請済みの場合、以降の手続き方法を変更することはできません。
・詳細につきましては9月29日更新のホームページをご確認ください。
-----
遡及申請は令和5年2月28日をもって受付を終了しました。

◆主な拡充内容

助成率 3分の1から2分の1へ引き上げ
1事業者当たりの上限額 500万円から3,000万円へ引き上げ
助成対象機器

冷凍冷蔵ショーケースに加え、冷凍冷蔵用又は空調用チリングユニット・冷凍冷蔵ユニットを追加

------
フロンは、オゾン層の破壊や地球温暖化など、環境に悪影響を及ぼすことが確認されています。
東京都では、ノンフロン機器の普及を後押しするため、冷媒にフロンを使用しない「省エネ型ノンフロン冷凍冷蔵ショーケース」の導入に対する補助を開始します。
補助対象経費の1/2
※国等の補助がある場合は、その額を除いた額
限度額:上限1,600万円/台、3,000万円/事業者

■実施年度:令和4年度から令和6年度まで(申請受付は令和5年度まで)
※交付申請受付は予算の限度額に達した時点で、受付を終了とします。
※事務手続きの都合上、一時的に交付申請を停止する場合があります。

 

東京都
中小企業者,小規模企業者
50%
省エネ型ノンフロン機器のうち、次に掲げるものの導入
①冷凍冷蔵ショーケース(内蔵型・別置型)
②冷凍冷蔵用又は空調用チリングユニット
③冷凍冷蔵ユニット(車載用、船舶用又は輸送用を除く。)

※②・③は、圧縮機に用いられる原動機の定格出力が7.5kW以上のもの。
2022/03/29
2024/03/31
・都内の事業所に導入されること。
・新品であること。
・フロンを含む機器を撤去する場合には、法に基づき適切に処理すること。
・機器の導入後、東京都が行う調査等に協力できること。

クール・ネット東京ウェブサイト(外部サイト)に掲載している申請様式をご使用いただき、申請受付窓口へご送付ください(受付窓口が東京都環境局から変更となります)。

公益財団法人東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター(愛称:クール・ネット東京) 〒163-0810 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル10階 電話:03-5990-5085 E-mail: cnt-nonfuron@tokyokankyo.jp  (9時~12時、13時~17時まで(土日祝祭日は除く。))

令和5年9月29日より電子申請開始に伴い、申請フォームへの入力にて申請が可能となります

・電子申請開始後の申請方法は電子申請又は郵送のみとなります。
・電子申請開始前にすでにメールまたは郵送にて申請済みの場合、以降の手続き方法を変更することはできません。
・詳細につきましては9月29日更新のホームページをご確認ください。
—–
遡及申請は令和5年2月28日をもって受付を終了しました。

◆主な拡充内容

助成率 3分の1から2分の1へ引き上げ
1事業者当たりの上限額 500万円から3,000万円へ引き上げ
助成対象機器

冷凍冷蔵ショーケースに加え、冷凍冷蔵用又は空調用チリングユニット・冷凍冷蔵ユニットを追加

——
フロンは、オゾン層の破壊や地球温暖化など、環境に悪影響を及ぼすことが確認されています。
東京都では、ノンフロン機器の普及を後押しするため、冷媒にフロンを使用しない「省エネ型ノンフロン冷凍冷蔵ショーケース」の導入に対する補助を開始します。
補助対象経費の1/2
※国等の補助がある場合は、その額を除いた額
限度額:上限1,600万円/台、3,000万円/事業者

■実施年度:令和4年度から令和6年度まで(申請受付は令和5年度まで)
※交付申請受付は予算の限度額に達した時点で、受付を終了とします。
※事務手続きの都合上、一時的に交付申請を停止する場合があります。

 

運営からのお知らせ