神奈川県横浜市:令和5年度有床診療所看護師夜間勤務手当補助金

この記事は約1分で読めます。
神奈川県横浜市:令和5年度有床診療所看護師夜間勤務手当補助金
横浜市
医療,福祉

夜間帯に勤務する看護師の夜間勤務手当

10万円

横浜市では在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等の受入を行っている有床診療所に対し、在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等に備え、夜間帯に勤務する看護師に支給される夜間勤務手当の一部を補助します。
・在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等に備え、夜間帯に勤務する看護師の夜間勤務手当の2分の1
(ただし、1医療機関1月あたり上限10万円)

横浜市
大企業,中堅企業,中小企業者,小規模企業者
50%
市内で在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等の受入を行う体制にある市内の有床診療所
2023/05/29
2023/06/30
本補助金申請日が属する年度の前年度において、在宅医療を受けている患者の急変時や看取り時、レスパイト等の受入実績が年間12件以上あること。
在宅医療連携拠点と緊急一時入院の協定を結んでいること。

要綱・様式は公募ページからダウンロードできます。
横浜市医療局地域医療課宛にメールまたは郵送で提出してください。

横浜市医療局 地域医療課 〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10 メール:ir-zaitakuiryo@city.yokohama.jp TEL:045-671-2444

横浜市では在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等の受入を行っている有床診療所に対し、在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等に備え、夜間帯に勤務する看護師に支給される夜間勤務手当の一部を補助します。
・在宅医療を受けている患者の急変対応や看取り、レスパイト等に備え、夜間帯に勤務する看護師の夜間勤務手当の2分の1
(ただし、1医療機関1月あたり上限10万円)

運営からのお知らせ