熊本県:令和5年度(2023年度)都市農村交流対策事業補助金/二次募集

この記事は約1分で読めます。
熊本県:令和5年度(2023年度)都市農村交流対策事業補助金/二次募集
熊本県

報償費:講師等への謝金
旅費:講演会等開催に係る外部講師の旅費、事業主体構成員の研修旅費等
需用費:消耗品費、車両燃料費、印刷費、資料購入費
役務費:通信運搬費、広告料、体験ほ場管理費等
委託料:地元の交流組織、コンサルタント、旅行業法に係る部分の事務委託料等
使用料及び賃借料:会場、貨客兼用自動車並びに農機具等の借料及び損料、ほ場借り上げ料
共済費等:体験交流時に必要な損害保険料
※その他、知事が不適当と認める経費は不可とする。

97万円

熊本県では、農山漁村や農林漁業の多面的機能を活かした農泊をはじめとする都市農村交流活動を支援しています。
つきましては、令和5年度(2023年度)の補助対象事業を募集します。
応募を希望される団体は、最寄りの市町村の都市農村交流対策事業担当課に必要書類を御提出ください。

熊本県
大企業,中堅企業,中小企業者,小規模企業者
50%
都市住民などを対象とし、農山漁村の地域資源を活用した観光や教育等の他分野との連携による
大規模あるいは持続的な交流活動
  
<対象活動の一例>
・都市住民等を対象にした農作業体験
・収穫体験や地域の文化体験を組み合わせたモニターツアーの実施
・棚田を歩くフットパスイベントの開催
・農泊関係協議会の構成員を対象にした研修会の開催
など。
2023/07/14
2023/08/21
市町村、農業協同組合、農業者等が組織する団体・法人、地方公共団体等が出資する団体、農業
との連携に意欲がある組織等
※ただし、市町村経由の補助金となります。

応募方法
最寄りの市町村と協議のうえ、以下の必要書類を当該市町村の都市農村交流対策事業担当課へ御
提出ください。
ア 都市農村交流対策事業計画書
イ 位置図
ウ 団体の定款、規約またはこれに代わるもの
エ 団体構成員の名簿
オ その他、活動内容を確認するにあたり必要な書類

むらづくり課元気な農村づくり班 〒862-8570熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号 (行政棟 本館 9階) Tel:096-333-2415 Fax:096-385-5025

熊本県では、農山漁村や農林漁業の多面的機能を活かした農泊をはじめとする都市農村交流活動を支援しています。
つきましては、令和5年度(2023年度)の補助対象事業を募集します。
応募を希望される団体は、最寄りの市町村の都市農村交流対策事業担当課に必要書類を御提出ください。

運営からのお知らせ