京都府京都市:インターンシップ促進補助金

この記事は約1分で読めます。
京都府京都市:インターンシップ促進補助金
京都市
全業種

インターンシップ等を実施するにあたり、プログラムの新規作成、見直し又は実施に係る以下の費用
 (他の助成制度を受けている事業であっても、補助されていない経費については対象とします。)

 ア インターンシップ等の実施プログラムの新規作成、見直し又は実施に係る費用
   (謝金・報償費、需用費、役務費、委託料等)
 イ 交通費及び宿泊費(インターンシップ等に参加する学生等又は企画・実施等に関わる講師等の両方を含む)
 ウ 広報に係る経費(チラシ等の作成・頒布費用、就活サイトその他ネット・SNS等への掲載費用等)
 エ その他事業実施のために市長が必要と認める経費

20万円

京都市では、地域企業の担い手確保・定着や学生をはじめとする若者の地域企業への就職を支援するため、「地域企業インターンシップ促進プロジェクト」を今年度新たに立ち上げ、地域企業におけるインターンシップの活用を促進しています。

 この度、こうした取組を更に強化するため、中小企業等が実施するインターンシップに係る企画・広報費等の経費を補助する「京都市インターンシップ促進補助金」を下記のとおり創設しますので、お知らせします。

京都市
中小企業者,小規模企業者
80%
学生等を対象としたインターンシップ等の実施
 ※ 「インターンシップ等」とは、「インターンシップを始めとする学生のキャリア形成支援に係る取組の推進に当たっての
  基本的考え方」(文部科学省・厚生労働省・経済産業省。平成9年9月18日制定。令和4年6月13日一部改正)にいう、
  全てのタイプ(タイプ1:オープンカンパニー、タイプ2:キャリア教育、タイプ3:汎用的能力・専門活用型インターンシップ、
  タイプ4:高度専門型インターンシップ)のうち、就業体験を含むものをいいます。
2023/11/01
2023/12/28
次の要件のいずれにも該当するものとします。
 ア 京都市内に事業所を有する企業・団体等又は個人事業主
 イ 雇用保険法(昭和49年法律第116号)第5条第1項に規定する適用事業の事業主
 ウ 市税の滞納がない事業主

※ 申請方法や申請書等の提出先、補助金募集開始以降の問合せ先等については、運営事業者を選定後、11月1日(水曜日)に改めてお知らせします。

<京都市産業観光局産業企画室(ひと・しごと環境整備担当)>   電 話:075-222-3756   メール:ninaitekakuho@city.kyoto.lg.jp

京都市では、地域企業の担い手確保・定着や学生をはじめとする若者の地域企業への就職を支援するため、「地域企業インターンシップ促進プロジェクト」を今年度新たに立ち上げ、地域企業におけるインターンシップの活用を促進しています。

 この度、こうした取組を更に強化するため、中小企業等が実施するインターンシップに係る企画・広報費等の経費を補助する「京都市インターンシップ促進補助金」を下記のとおり創設しますので、お知らせします。

運営からのお知らせ