東京都:サーキュラービジネス主流化促進事業

この記事は約1分で読めます。
東京都:サーキュラービジネス主流化促進事業
東京都
全業種

機器導入費

100万円

東京都は、「2050年CO2排出実質ゼロ」に貢献する「ゼロエミッション東京」の実現に向け、サーキュラーエコノミーへの転換・資源循環を促進することとしています。
東京都と公益財団法人東京都環境公社は、プラスチックごみや食品ロスの削減に効果があり、都民の行動変容並びにサーキュラーエコノミーの実現に資する機器及びシステムを導入する事業者等に対して、補助金申請の受付を開始します。
・補助率等
補助対象経費の2分の1の範囲内、上限100万円まで補助します。

東京都
中小企業者,小規模企業者
50%
・下記対象機器の導入をおこなうこと
プラスチックごみや食品ロスの削減に効果があり、都民の行動変容並びにサーキュラーエコノミーの実現に資する機器及びシステム
(1)機器
ア 使い捨てプラスチックを削減するシャンプーやハンドソープ等の量り売り用機器
イ 食材や消費期限の短いパンなどを急速冷凍し賞味期限等を延長することで、売れ残りや賞味期限切れなどによる食品ロスを減らすための急速冷凍装置
(2)システム
ア 在庫超過や作りすぎた商品を、必要な消費者にお買い得価格などで販売することで食品ロスを減らすためのフードシェアリングサービスのアプリケーション
イ 気象情報などのデータを基にしたAI需要予測により、食品スーパーなどでのパンや牛乳といった日配品等の発注量を最適化することで、期限切れ等による食品廃棄を減らすなど、供給量を最適化するアプリケーション
2023/07/19
2023/10/20
中小企業等の法人格を有する団体又は任意団体等
都内に導入又は都内で利用されること
補助対象事業者がその所有権(システムにあっては、所有権又は使用権)を有すること
新たに調達したもの(システムにあっては、新たに使用するもの)であること 等

・申請期間
第1回 令和5年7月19日(水曜日)から令和5年8月18日(金曜日)まで
第2回 令和5年9月21日(木曜日)から令和5年10月20日(金曜日)まで
要綱・様式は公募ページからダウンロードできます。
公益財団法人東京都環境公社へ申請してください。

〒130-0022東京都墨田区江東橋4-26-5 東京トラフィック錦糸町ビル 8階 公益財団法人東京都環境公社 「東京サーキュラーエコノミー推進センター」

東京都は、「2050年CO2排出実質ゼロ」に貢献する「ゼロエミッション東京」の実現に向け、サーキュラーエコノミーへの転換・資源循環を促進することとしています。
東京都と公益財団法人東京都環境公社は、プラスチックごみや食品ロスの削減に効果があり、都民の行動変容並びにサーキュラーエコノミーの実現に資する機器及びシステムを導入する事業者等に対して、補助金申請の受付を開始します。
・補助率等
補助対象経費の2分の1の範囲内、上限100万円まで補助します。

運営からのお知らせ