第5回の事業再構築補助金が公募開始!今回の見直し項目と要件概要とは

この記事は約5分で読めます。

コロナ禍で経営に大きな影響を受けた中小企業などを支援する目的で制定されている事業再構築補助金ですが、今般、第5回の公募が開始されました。

公募開始は本年1月20日(木)18:00からで、申請受付は2月中旬に開始予定です、また、前回(第4回)公募の採択発表は2月下旬~3月上旬を予定されています。

今回の公募について詳しく解説します。

スポンサーリンク
補助金クラウド 事業再構築補助金
スポンサーリンク
事業再構築補助金

事業再構築補助金とは

新型コロナウイルスはオミクロン株の影響が顕著となり、経営状況が引き続き厳しい状況下ですが、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要な課題となっています。

このため、企業の新分野展開や事業転換、また業種・業態転換や事業再編などの事業再構築を目指す中小企業等を支援することを目的に設けられている制度が事業再構築補助金です。

参照:事業再構築補助金

第5回の公募概要

今回公募された第5回の概要について解説します。

補助対象要件

補助対象要件としては、下記1、2の項目を満たすことが求められています。

  1. 2020年4月以降の連続する6ケ月間のうち、任意の3ケ月の合計売上高がコロナ以前(2019年または2020年1月~3月)の同3ケ月の合計売上高と比較して10%以上減少し、2020年10月以降の連続する6ケか月間のうち、任意の3ケ月の合計売上高がコロナ以前(2019年また又は2020年1月~3月)の同3ケ月の合計売上高と比較して5%以上減少していること。
  2. 経済産業省が示す事業再構築指針に沿った3~5年の事業計画書を、認定経営革新等支援機関と共同で策定すること。

参照:経済産業省(事業再構築指針)

補助対象事業の類型

従来どおり、下記の6種類の事業類型とされています。

  • 通常枠
  • 大規模賃金引上枠
  • 卒業枠
  • グローバルV字回復枠
  • 緊急事態宣言特別枠
  • 最低賃金枠

補助金額

補助金額は次のとおりとなっています。

通常枠

  • 従業員数20人以下:100万円~4,000万円
  • 21~50人:100万円~6,000万円
  • 51人以上:100万円~8,000万円

大規模賃金引上枠

  • 従業員数101人以上:8,000万円超~1億円

卒業枠

  • 中小企業者等:6,000万円超~1億円

グローバルV字回復枠

  • 中堅企業等:8,000万円超~1億円

緊急事態宣言特別枠・最低賃金枠

  • 従業員数5人以下:100万円~500万円
  • 6~20人:100万円~1,000 万円
  • 21人以上:100万円~1,500万円

補助率

補助率は下記に示すとおりです。

通常枠

  • 中小企業者等:2/3(6,000万円を超える部分は1/2)
  • 中堅企業等:1/2(4,000万円を超える部分は1/3)

大規模賃金引上枠

  • 中小企業者等:2/3(6,000万円を超える部分は1/2)
  • 中堅企業等:1/2 4,000万円を超える部分は1/3)

卒業枠

  • 中小企業者等:2/3

グローバルV字回復枠

  • 中堅企業等:1/2

緊急事態宣言特別枠・最低賃金枠

  • 中小企業者等:3/4
  • 中堅企業等:2/3

今回の主な変更点(見直し項目)

事業再構築補助金の第5回公募における主な見直し項目は次のとおりです。

新事業売上高10%要件の緩和

今後3年~5年間にわたる事業計画期間が終了した後、これまで事業再構築によって新たに取り組む事業の売上高が「総売上高の10%以上」となる事業計画を策定することを求めていた要件を「付加価値額の15%以上」でも認めることとしています。

また、売上高が10億円以上の事業者で、事業再構築を行う事業部門の売上高が3億円以上の場合には、当該事業部門の売上高の10%以上でも要件を満たすこととされました。

補助対象経費の見直し(貸工場・貸店舗等の賃借料)

補助事業実施期間内に工場や店舗の改修を完了し、貸工場や貸店舗から退去することを条件として、これら施設の賃借料も補助対象経費として認めることとされました。、一時移転に関する費用(貸工場等の賃借料や貸工場等への移転費など)については、補助対象経費総額の1/2が上限となっています。

農事組合法人の対象法人への追加

事業再構築への一定のニーズがあることを踏まえて、今回から農事組合法人が対象法人に追加されました。

なお、第6回以降は、更に次のような見直し拡大が予定されています。

  • 回復・再生応援枠の新設
  • グリーン成長枠の新設
  • 通常枠の補助上限額の見直し
  • 売上高10%減少要件の緩和

補助対象経費

補助対象となる経費は、事業拡大につながる事業資産(有形・無形)への相応の規模の投資を含むもので、本事業の対象として明確に区分できるものである必要があります。

対象経費は、必要性と金額の妥当性を証拠書類によって明確に確認できることが求められ、原則として交付決定を受けた日付以降に契約(発注)を行い、補助事業実施期間内に支払いを完了していることが条件となります。ただし、事務局から事前着手の承認を受けた場合には、令和3年2月15日以降に発生した経費についても補助対象とすることが可能とされています。

公募スケジュール

第5回の公募スケジュールは以下のとおりとなっています。

  • 公募開始:令和4年1月20日(木)
  • 申請受付:同2月中旬予定
  • 応募締切:同3月24日(木)18:00
  • 採択発表:同5月下旬~6月上旬頃

電子申請で応募すれば、受付開始後円滑に手続が進むようです。

全国:事業再構築補助金 /第5回公募
ポストコロナ・ウィズコロナ時代において、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。 ■第5回公募における主な見直し項目 ・新事業売上高10%要件の緩和 ...

最後に

    コロナ禍で苦しむ中小企業等を支援することを目的として制定されている事業再構築補助金は、これまで広く全国の対象事業者に適用されてきました。

    今回発表された第5回公募でも、多くの企業が事業継続・再建に向けて活用するとみられます。今後は第6回以降の公募も予定されていることから、引き続きこの支援制度を前向きに活用することが有益です。

    補助金クラウドの申請支援実績公開中!

    ▼支援事例は画像をクリックして確認ください

    補助金のご相談なら補助金クラウド

    中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
    補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金クラウドにご相談ください。
    補助金Wayが全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

    補助金クラウドが全国で選ばれる3つの特徴

    • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
    • 申請前の相談はすべて無料
    • 採択率90%以上(直近実績)

    独自のクラウドシステムおよび補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。
    専門家無料診断

    >>事業再構築補助金の申請代行はこちら
    >>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

     

    シェア
    Stayway

    運営からのお知らせ