#補助金#コロナ#IT#DX#ものづくり#ビジネスモデル#低感染

【ものづくり補助金】1次~6次締切分の採択率の傾向とは?

現在、8次締切分が募集がされているものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)は、本年11月11日(木)17時が締切になっています。

今回は、ものづくり補助金の1次~6次締切分について、採択率の傾向、対策事例などをわかりやすく解説します。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク
事業再構築補助金

ものづくり補助金とは

ものづくり補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後サービス改善や生産プロセス等の改善などの設備投資を支援する補助金です。

また、対人接触機会を減らすために導入する設備機械の導入についても、「低感染リスク型ビジネス枠」が設けられています。

出典:経済産業省ものづくり補助金リーフレット

1.一般型

種類 補助上限額 補助率
通常枠 1,000万円 1/2 ※
低感染リスク型ビジネス枠 1,000万円 2/3

※小規模事業者の場合は、補助率は2/3になります。

2.グローバル展開型

種類 補助上限額 補助率
通常枠 3,000万円 1/2 ※
低感染リスク型ビジネス枠 3,000万円 2/3

※小規模事業者の場合は、補助率は2/3になります。

3.補助要件

 以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
・付加価値額                                       +3%以上/年
・給与支給総額                                    +1.5%以上/年
・事業場内最低賃金≧地域別最低賃金       +30円以上

出典元:ものづくり補助金8次公募要領

1次締切分~6次締切分の採択結果(全体)

1次締切から6次締切までの採択結果(全体)は、下記のとおりになります。

締切回 採択発表日 応募者数 採択者数 採択率
1次 令和2年4月28日 2,287 1,429 62.5%
2次 令和2年6月30日 5,721 3,267 57.1%
3次 令和2年9月25日 6,923 2,637 38.1%
4次 〔一般型〕 令和3年2月18日 10,041 3,132 31.2%
〔グローバル展開型〕 271 46 17.0%
5次 〔一般型〕 令和3年3月31日 5,139 2,291 44.6%
〔グローバル展開型〕 160 46 28.8%
6次 〔一般型〕 令和3年6月29日 4,875 2,326 47.7%
〔グローバル展開型〕 105 36 34.3%

応募者数は1次締切から増え続けて4次締切では1万件を超えてピークになり、その後約5,000件前後で推移しています。

一方、採択率は1次締切では62.5%と高かったものの、応募者数の増加に従い採択率は低下して4次締切分31.5%になりました。その後は約45%前後で推移している状況です。

出典元:ものづくり補助金8次公募要領

出典元:ものづくり補助金総合サイト

一般型の内訳結果(1次締切分~6次締切分)

次に、一般型の特別枠と通常枠の内訳について、下記表にまとめてみました。

締切回 応募者数 採択者数 採択率
1次 2,287 1,429 62.5%
2次 特別枠 3.321 1,773 68.1%
特別枠申請→通常枠 488
通常枠 2,400 1,006 41.9%
3次 特別枠 4,560 1.076 47.1%
特別枠申請→通常枠 1.072
通常枠 2,363 489 20.7%
4次 特別枠 7,103 1,748 36.7%
特別枠申請→通常枠 856
通常枠 2,938 528 19.0%
5次 特別枠 2,400 963 49.6%
特別枠申請→通常枠 227
通常枠 2,739 1,101 40.2%
6次 特別枠 2,485 1,195 52.1%
特別枠申請→通常枠 99
通常枠 2.390 1.032 43.2%
直近の5次締切と6次締切で分析すると、特別枠が採択率約50%前後、通常枠が約40%強で推移しているのがわかります。
特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)の申請分は、特別枠で採択されなかった場合、通常枠での再審査で採択されるケースがあります。6次締切分では計99件の該当がありました。

採択事例

<製造業>

 ・株式会社オフロードセンター

 (新特別枠)自動車カスタム品の対応力強化および効率化と新製品展開に向けた生産体制構築

 

<小売業>

 ・福屋製パン株式会社

 (新特別枠) 新たにおいしい減塩パンの開発・生産に取組み、販売手法の確立

 

<宿泊業>

 ・株式会社小樽グリーンホテル

 (新特別枠)ビジネスホテルにおける非接触モデルの構築

        「自動精算機との親和性の高い非接触カードキーシステムの導入」 

 

<情報通信>

 ・アイスリー株式会社

   (通常枠)PO・DD検討企業用SaaS「はじめのIPO」の開発事業

<不動産>

 ・株式会社フィンスター

   (新特別枠)リモート売買支援システムの構築による非対面型不動産取引の実現

 

出典元:ものづくり補助金総合サイト

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、とても苦戦されていらっしゃる事業者さまも多いと思います。

ものづくり補助金は、通常枠とは別に、補助率を引き上げ、営業経費を補助対象になっている特別枠として、「低感染リスク型ビジネス枠」も設けられています。

現在、募集中の8次締切は、11月11日(木) 17時締切でので、この機会にぜひご活用してみてください。

 

補助金のご相談なら補助金way

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金Wayにご相談ください。
補助金Wayが全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

補助金wayが全国で選ばれる3つの特徴

  • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
  • 申請前の相談はすべて無料
  • 採択率90%以上(直近実績)

独自のAIマッチングシステム(β)および補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。
専門家無料診断

>>事業再構築補助金の申請代行はこちら
>>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

 

シェア
Stayway

運営からのお知らせ