創業・スタートアップ

【2022年度】外国人雇用・採用の際に使える助成金とは?網羅的に解説

改正出入国管理法の施行(2019年4月)など、政府は外国人労働者の受け入れを推進していますが、自社で外国人労働者を雇用する体制や資金がなく、対応に苦慮する企業が多い状況です。 この記事では、こうした悩みを抱える企業向けに、外国人労働者を雇...

[無料]事業再構築補助金 事業計画様式(雛形)1次採択済みテンプレート配布!

本資料でわかること 事業再構築補助金について以下の内容がわかります よくある質問(FAQ)   本資料の引用について 【データの利用について】 ・当調査結果の内容及び結果に関する著作権は、当社に帰属いたします。 ...

【2022年版】障害者雇用に使える助成金とは?目的別に全てを網羅!

民間企業におけるに障害者雇用の法定雇用率が2021年3月から従来の2.2%から2.3%に引き上げられ、今後は多くの企業が障害者雇用に注力することが見込まれます。 この記事では、障害者雇用によって企業が受給できる助成金の要件について、網羅的...

不動産業は対象?事業再構築補助金を詳細解説!

2021年度の目玉補助金とも言える事業再構築補助金。 しかし、この補助金は不動産の取得が補助対象外となっていることから、申請を諦めている不動産業の人も多いのではないでしょうか? しかし不動産業でも事業再構築補助金を受給できる可能性があり...

7月30日公募開始!事業再構築補助金3次の概要・変更点と申請戦略とは

事業再構築補助金とは、政府・経済産業省主管により実施される制度で、中小企業が新分野展開や業態転換、事業・業種転換や事業再編、またはこれらの取組を通じた規模の拡大など、思い切った事業再構築にチャレンジすることを支援するものです。 今回、その...

創業時に役立つ補助金・助成金 2年目以降に役立つ制度もあわせて紹介!

この記事では、創業時に知っておきたい補助金・助成金を紹介します。申請方法も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

専門家活用で事業承継、引継ぎへ!「令和3年度補正予算 事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用タイプ)」を徹底解説!

事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を後押しするための補助事業です。専門家活用タイプはM&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助します。

コロナ禍直撃から「事業再構築補助金」で見えた理想の姿。グローバルスタートアップの決断

旧サービスであるお土産代行プラットフォーム「DOUZO」は、サービス開始から4ヶ月でユーザー数2万人を突破し、着実に業績を伸ばしている最中、昨年頭の新型コロナウイルス感染症の影響によりサービスを停止せざるを得ない状況に陥りました。 同社の上田社長は新規事業を模索する中、今後市場の成長が見込め需要のある「共同購入型EC」という貿易の新しい形を思いつき、そしてこの新サービスをグロースさせるための資金として事業再構築補助金による資金確保(4000万円台)を決意。 そこで、経営革新等支援機関である、株式会社Stayway(代表:公認会計士 佐藤淳)の申請支援を受けた決め手と支援後の変化について、同社の上田社長にお話を伺いました。

事業承継、引継ぎをきっかけに経営革新に挑戦!「令和3年度補正予算 事業承継・引継ぎ補助金(経営革新タイプ)」を徹底解説!

事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を後押しすることを目的とした補助事業です。この補助金には、経営革新と専門家活用、廃業・再チャレンジの3タイプあります。

宿泊事業者・飲食店も使えるの?「小規模事業者持続化補助金」

「小規模事業者持続化補助金」は,宿泊事業者・飲食店でもホームページ制作・広告等の認知拡大施策や、プロモーション動画・広告など認知の施策に活用できる補助金です。 2020年7月時点で公表されている公募要領と申請の認可の状況を踏まえて、飲食店や小売店が持続化補助金の給付を受けるために必要なポイントを解説します

創業・スタートアップ に関する補助金をもっと見る

創業・スタートアップに関する補助金をもっと見る