コロナ関係

国税庁が補助金への圧縮記帳を適用!要件や方式、国税庁の指針を解説

圧縮記帳とは、事業者が一定の要件下で固定資産を取得した場合に実施できる、課税の繰り延べ手法を指します。 この記事では、この圧縮記帳を利用して補助金を有利に運用するための適用要件や方式、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます...

<事業再構築補助金 3次公募不採択向け>まだ間に合う、4次公募に向けての事業再構築補助金の事業計画診断サービスを開始へ

株式会社Stayway(代表取締役 認定支援機関:佐藤淳 以下、stayway)は、残念ながら事業再構築補助金の第3次公募不採択だった事業者様に「第4次公募の採択率を高める」ための事業計画診断サービスをご提供いたします。 弊社通常サー...

【業務改善助成金2021年版】最新の概要、支給要件と導入例、手続きは

中小企業や小規模事業者の生産性向上を支援し、事業所内での最低賃金の引き上げを目指す、2021年(令和3年)版の業務改善助成金の申請受付が開始されています。 8月からは一部で要件が緩和されており、助成額や助成率、またコロナ禍での申請方法など...

1次採択率は36%! 低採択率の事業再構築補助金で採択されるには?

この記事では、採択結果が公表された第1回公募の結果を例に、採択率が低い理由や採択されるためのポイントを解説します。

小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)解説|第3回申請(9月8日締め切り)スタート!

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が商工会議所や商工会のサポートのもとで経営計画書などを作成し、地道な販路開拓や生産性向上の取り組みを支援する制度です。今回は、その一つである「低感染リスク型ビジネス枠」について、わかりやすく解説します...

【最新版】雇用調整助成金の特例措置とは?休業補償はいつまで適用?

雇用調整助成金とは、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって事業活動の縮小を余儀なくされた事業者が、従業員の雇用維持を図るため、労使間の協定に基づいて雇用調整(休業)を実施する際に、休業手当などの一部を助成する制度です。 また、事業主が労...

【令和3年版】人材開発支援助成金とは?特徴とメリット、注意事項は

人材開発支援助成金とは、雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職務に関連した専門的な知識及び技能を修得させるための職業訓練等を計画に沿って実施したり、教育訓練休暇制度を適用した事業主等に対して助成する制度です。 令和3年から...

【2021年】外国人雇用・採用の際に使える助成金とは?網羅的に解説

改正出入国管理法の施行(2019年4月)など、政府は外国人労働者の受け入れを推進していますが、自社で外国人労働者を雇用する体制や資金がなく、対応に苦慮する企業が多い状況です。 この記事では、こうした悩みを抱える企業向けに、外国人労働者を雇...

[無料]事業再構築補助金 事業計画様式(雛形)1次採択済みテンプレート配布!

本資料でわかること 事業再構築補助金について以下の内容がわかります よくある質問(FAQ)   本資料の引用について 【データの利用について】 ・当調査結果の内容及び結果に関する著作権は、当社に帰属いたします。 ...

【2021年版】障害者雇用に使える助成金とは?目的別に全てを網羅!

民間企業におけるに障害者雇用の法定雇用率が2021年3月から従来の2.2%から2.3%に引き上げられ、今後は多くの企業が障害者雇用に注力することが見込まれます。 この記事では、障害者雇用によって企業が受給できる助成金の要件について、網羅的...

コロナ関係 に関する補助金をもっと見る

コロナ関係に関する補助金をもっと見る