ファクタリング会社比較・活用すべき優良業者の特徴や条件、留意点は

この記事は約6分で読めます。

ファクタリングは売掛債権(支払い期日前の請求書など)を買い取るサービスで、中小企業や個人事業主にとっては、資金調達手段の一つとして利用価値のあるものです。

ファクタリングを利用する際に選択すべき優良なファクタリング会社と、留意点などについて詳しく解説します。

スポンサーリンク
補助金クラウド 事業再構築補助金
スポンサーリンク
事業再構築補助金

ファクタリングとは

ファクタリングとは、一定の手数料を支払うことで企業や個人事業主が保有している売掛債権を期日前に買い取るサービスで、複雑な審査が必要な銀行融資と比較すると、素早く資金を調達することが可能となります。

また、貸付とは異なり債権の売買契約であるため、取引の際に担保や保証人は不要で、信用情報に影響しないメリットもあります。

一方、簡単に債権を現金化できる手軽さの反面、手数料は銀行融資などの金利と比べて割高になるというデメリットも生じます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、「買取型」と「保証型」の2種類に分けられます。それぞれについて解説します。

買取型

売掛金を早期に現金化したい場合に使われるサービスです。ファクタリング業者が入金前の売掛債権を買い取り、手数料を差し引いた金額を受け取ります。

ファクタリングを利用しない場合、通常の取引では商品やサービスを納品した後に代金を支払う信用取引が一般的のため、取引先が支払うまでに概ね1~3ヶ月かかります。支払い期日までは資金を回収できないため、材料費や人件費などの資金繰りが苦しくなる可能性があります。

こうした際に買取型ファクタリングを利用することで、短期間で確実に資金調達が可能となります。

保証型ファクタリング

事業者が保有している売掛債権に保険をかけることで、売掛債権の貸し倒れリスクを回避するサービスで、取引先が倒産や支払い不能になった場合、ファクタリング業者から保証限度額の範囲内の金額を受け取る仕組みです。

買取型と異なり、短期間での資金調達が目的ではないため、売掛債権をファクタリング業者に売却することはありません。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには、事業者とファクタリング会社の2社間で取引を行う2社間ファクタリングと、これに取引先を加えた3社間での3社間ファクタリングの2種類があります。

いずれも買取型で適用され、前者では取引先に一切通知の必要はなく、後者では情報を共有します。手数料は前者のほうが高くなります。

ファクタリング業者を選ぶポイント

数多く存在するファクタリング業者の中から、自社の事業目的に合致したものを選ぶことがポイントとなります。
ファクタリング業者を選ぶ主なポイントについて解説します。

手数料

当然ながら、手数料は安いほうがメリットが大きくなります。

上述のとおり、手数料は2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングのほうが安くなり、また同じ2社間ファクタリングでも業者によってそれぞれ手数料が異なっています。

業者ごとの2社間・3社間ファクタリングの手数料をじっくりと比較し、可能な限りコストを抑えられる業者を選択すべきです。

入金スピード

一般の融資や投資ではなく、ファクタリングを利用したいと思う事業者は、一刻も早く資金を調達しなければならない事情を抱えている場合も多い状況です。

ファクタリングは、基本的にどの業者でも銀行融資などと比べると素早く資金を調達できますが、業者によって入金までのスピードには差異があります。手続き的には、対面で契約を結ぶ業者と比べれば、すべての手続きをオンラインで完結する業者の方がより早く完了します。

オンライン型のファクタリングの中では、最短2時間での資金調達をセールスポイントにしている業者もあります。少しでも早く資金を必要とする事業者は、入金スピードを優先して業者を選択するのが有効です。

信頼性

ファクタリング業者の信頼性は、最も重要な要素となります。

例えば、銀行や消費者金融などは、貸金業法による登録を受けないと事業を行えないため、正当な業者と悪徳業者の見分けは比較的つきやすい状況です。一方、貸付ではなく、債権の売買契約を行うファクタリング業者に対しては、所管する法律がなく、事業者登録なしで業務が可能です。

こうした現状から、正規な業者である旨を証明する基準がないため、利用に際してはいわゆる悪徳業者につかまらないよう、ファクタリング業者の実績や資本金などから、信頼性をしっかりと見極めることが重要です。

優良ファクタリング業者一覧

上記のような選択ポイントを踏まえ、信頼できるファクタリング業者について挙げていきます。

QuQuMo(ククモ)

運営元:株式会社アクティブサポート
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間
入金スピード:最短2時間
手数料:1%~
手続方法:オンライン

anew(アニュー)

運営元:anew合同会社
利用対象:法人
種類:2社間
入金スピード:最短即日
手数料:2~9%
手続方法:オンライン

ビートレーディング

運営元:株式会社ビートレーディング
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間・3社間
入金スピード:最短12時間
手数料:2%~
手続方法:対面・出張訪問・郵送

GMO BtoB早払い

運営元:GMOペイメントゲートウェイ株式会社
利用対象:法人
種類:2社間
入金スピード:最短2営業日
手数料:1%
手続方法:オンライン・対面

Best Factor

運営元:株式会社アレシア
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間・3社間
入金スピード:最短即日~3営業日
手数料:2~20%(2社間:5%~)
手続方法:オンライン・電話・出張訪問

アクセルファクター

運営元:株式会社アクセルファクター
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間
入金スピード:最短即日
手数料:2%~
手続方法:対面・メール・FAX・郵送

TRY

運営元:株式会社SKO
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間・3社間
入金スピード:最短即日
手数料:5%~
手続方法:対面

PMG

運営元:ピーエムジー株式会社
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間・3社間
入金スピード:最短即日
手数料:2%~
手続方法:対面・郵送

ウィット

運営元 株式会社ウィット
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間・3社間
入金スピード:最短2時間
手数料:非公開
手続方法:電話・メール・LINE

OLTA

運営元: OLTA株式会社
利用対象:法人・個人事業主
種類:2社間
入金スピード:最短即日
手数料:2~9%
手続方法:オンライン

この他にも挙げられますが、詳細は各業者のサイトなど情報を吟味(ぎんみ)し、確認することが重要です。

悪徳ファクタリング業者について

ファクタリング業者の中には、法外な手数料を搾取する「悪徳」業者も混在しています。

トラブルや被害に遭わないためにも、下記に挙げるポイントに留意し、悪徳ファクタリング業者と交渉しないよう留意が必要です。

  • 会社情報は明確で信頼できるか
  • 手数料は適正範囲か
  • 口コミ・評判などはどうか

上記の中で最も大切なのは「会社情報が明確で信頼できるか」どうかです。

悪徳ファクタリング業者の場合、会社の所在地や問い合わせ先が記載されていなかったり、架空の情報が記載されていることもあるので、少しでも怪しいと感じた場合には、実際に問い合わせたり、所在地などを確認することが重要です。

また、悪徳ファクタリング業者は相場より高額な手数料を提示している場合があります。通常、2社間ファクタリングの手数料相場は10%~30%、3社間ファクタリングは1%~10%が上限なので、これ以上高額な手数料を提示する場合は疑ってみることです。

更に、実際に利用したユーザーからの口コミ・評判をネットサイトやSNSで確認することも大切です。実際に利用した経験者の口コミやランキングなどを参考に、優良なファクタリング業者を選定するよう留意が必要です。

最後に

ファクタリングの仕組みと、優良とみられるファクタリング業者、また、悪徳業者に対する留意点について解説しました。

ファクタリングには多くのメリットがある反面、リスクやデメリットもあります。事業拡大の妨げとならないよう、優良な業者を選定すべく、慎重に検討することが肝要です。

補助金クラウドの申請支援実績公開中!

▼支援事例は画像をクリックして確認ください

補助金のご相談なら補助金クラウド

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金クラウドにご相談ください。
補助金Wayが全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

補助金クラウドが全国で選ばれる3つの特徴

  • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
  • 申請前の相談はすべて無料
  • 採択率90%以上(直近実績)

独自のクラウドシステムおよび補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。
専門家無料診断

>>事業再構築補助金の申請代行はこちら
>>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

 

シェア
Stayway

運営からのお知らせ