エンジェル投資家とは?特徴とメリット・デメリット、投資獲得のコツ

エンジェル投資家とは、起業して間もない企業に資金を提供し、その見返りとして株式を譲り受け、当該企業が上場したり事業買収された際に得られるリターンを目的とする事業家を指します。

エンジェル投資家について詳しく解説します。

エンジェル投資家とは

エンジェル投資家は、ビジネスエンジェルとも呼ばれ、上述のとおり起業間もないベンチャー企業に投資し、投資した以上のリターンを得ることを目的とした個人投資家です。得られたリターンをまた次の有望起業家へと投資し、リターンを拡大することを事業目的としています。

ベンチャー企業は過去の実績がないため、事業展開に必要な資金を調達する際に、民間の金融機関(銀行など)から融資を受けることは困難です。しかし、エンジェル投資家やベンチャー・キャピタル(VC)は、起業間もないベンチャー企業に対しても、積極的に出資を行います。

「エンジェル」と呼ばれる理由については、投資投資が困っている事業者を「天使のように」救ってくれることが由来ともいわれています。

一般投資家との違い

一般の投資家は、企業が安定して利益を生むまで成長し、株式の配当という形で継続的に利益を拡大させることを期待しています。

一方、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、こうした形態を望まず、企業が成長して株式上場したり、他の企業に買収されるなどのタイミング(エグジット:出口)で損益を確定させることを目的としています。

このため、一般投資家のように継続的かつ安定した利益を期待していないのが大きな違いです。

エンジェル投資家のメリット・デメリット

エンジェル投資家のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

エンジェル投資家には、次のようなメリットがあります。

大きなリターンが得られる

最大の魅力として、大きなリターンを得られる可能性が挙げられます。

起業間もない企業やベンチャー企業などに対して出資するため、事業が成長した際にはそれに見合ったリターンが得られます。

株式(店頭有価証券)を受け取っていた場合、出資した企業がエグジットを果たすと、株式価値が出資額の数倍から数百倍にまで拡大する可能性もあります。

税制面の優遇が受けられる場合がある

ベンチャー企業への投資を促進するため、個人投資家に対して税制上の優遇を行う「エンジェル税制」があります。
この優遇措置を受けるためには、企業側と投資家側の双方に課せられた要件があるので、確認が必要です。

人脈が広がる

投資家マッチングサービスなどのプラットフォームを利用した場合、事業内容の確認や出資金額などの交渉は投資家と起業家双方が直接実施します。

エンジェル投資を重ね、数多くの起業家とマッチングしていくことで、投資やビジネス上の人脈拡大に繋がります。

デメリット

一方でエンジェル投資家にはデメリットもあります。

利益が出るまでに時間がかかる

エンジェル投資の場合、企業が投資資金を利用して成長していかなければ利益が得られません。出資した以上の利益(リターン)を確保するまでに、数年から十数年といった長期スパンが必要となります。

株式を獲得した場合は、企業が成長してイグジットに到達しない限り価値の変動がなく、数年以上の時間を要する場合が大半です。

リスクが高い

起業・創業した後の生存率に関しては様々なデータや視点がありますが、かなりの確率で淘汰されていくのが現実です。このため、エンジェル投資家が出資した企業が成長する保証はなく、出資には高いリスクが伴います。

出資した企業が順調に成長すれば高いリターンを獲得できますが、倒産リスクもあるので、ハイリスク・ハイリターンな投資です。

誰でも投資できるわけではない

エンジェル投資は誰でも実施できる訳ではありません。

投資家マッチングサービスを利用する場合は、出資金が最低100万円必要な場合が多く、ある程度の余剰資金が必要です。株式投資型クラウドファンディングを利用する場合でも、一定の投資経験や資金量がなければ利用できません。

企業がエンジェル投資を受けるコツ

エンジェル投資は、起業・創業間もない企業が資金調達を実現できる有望な手法です。エンジェル投資を受けるコツについて解説します。

有望なエンジェル投資家と出会う

エンジェル投資を受けるためには、まず第一に有望なエンジェル投資家と出会うことが必要です。

エンジェル投資家と出会うためには、上述の投資家マッチングサービスやクラウドファンディング、また投資関連セミナーなどを活用する方法もありますが、自ら調査して有望と思われる投資家にSNSなどを活用して、直接コンタクトを取るのも有効です。

必要書類を準備する

エンジェル投資家と出会い、面談する際には、さまざまな書類の提出が必要です。求められる主な書類について挙げておきます。

  • 会社謄本
  • 定款
  • 発行株式の概要
  • 株主名簿
  • 役員名簿と経歴
  • 事業計画書
  • 資本政策表
  • 株価算定表
  • 販売管理費明細表
  • 直近の決算書2期分
  • 直近2ケ月分の試算表
  • 直近の銀行残高と借入残高
  • 主要取引先リスト
  • ホームページURL
  • 会社案内パンフレット

エンジェル投資家が重視するポイントを整理する

エンジェル投資家が重視するポイントを理解し、対応することが必要です。

ポイント1:プロダクトの市場適合性とエグジット

エンジェル投資家が事業に投資するか否かを決断する際には、プロダクトの市場適合性とエグジットを重視します。

エグジット(出口)とは、企業が株式上場した、あるいは他の企業に買収されたタイミングを指します。プロダクトの市場適合性とは、創業者の事業コンセプトを市場が評価していることを意味し、市場や顧客が評価するプロジェクトは十分成功する可能性があると判断されます。

ポイント2:起業家自身の資質

エンジェル投資家は、投資に際して起業家の資質を重視します。評価される主な資質として、次の項目が挙げられます。

  • 頑健な心身と体力
  • 成功へ向けた自信と明確なビジョン
  • 目標にチャレンジする前向きな姿勢
  • リスクを恐れず、失敗を活かすメンタルの強さ

留意点

エンジェル投資はハイリスク・ハイリターンであり、ある程度の資金がなければ出資できません。このため、エンジェル投資は投資家における中級者~上級者向けの投資システムといえます。

一方、起業家がエンジェル投資家からの出資を成功させるためには、上述したコツとポイントをよく認識し、エンジェル投資家をうならせる魅力を伝えることが必要です。そのためには、しっかりとした事業計画書を作成することがまず第一に重要ですが、資金調達に精通している税理士や公認会計士といった専門家に相談することで、事業計画書の作成に際して様々なサポートが得られます。

最後に

エンジェル投資家について解説しました。

投資する側と、投資を受ける側それぞれの立場で詳しくみてきましたが、どちらの立場であっても、この記事を参考にして有意義な投資となるよう期待しています。