あなたの"補助金選び"をお手伝い

専門家の声をもとにおすすめの補助金・助成金をご用意しました

無料簡易診断をする 専門家に相談する

何をお探しですか?

補助金

商店街で使える補助金とは?主催団体や各自治体での取り組み事例紹介

ようやく収束がみえてきた新型コロナウイルスですが、全国各地域の商店街ではコロナ禍の影響だけでなく、少子高齢化や人口減少、商店街を支える中核就労者の空洞化など、様々な課題を抱えています。 こうした状況下、国や各地方自治体では商店街を支援する...

補助金・助成金受給対象の企業規模は?中小企業基本法上の中小企業は

自社の経営改善と売上げ拡大のため、国や自治体が支援する各種の補助金や助成金を活用する企業も多数あります。 ところで、こうした補助金・助成金を受給できる対象として、多くの場合は中小企業や小規模企業が該当します。 受給対象の企業規模や企業の...

【ものづくり補助金】1次~8次締切分の採択率の傾向とは?

現在、9次締切分が募集がされているものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)は、令和4年2月8日(火)17時が締切になっています。 今回は、ものづくり補助金の1次~8次締切分について、採択率の傾向、対策事例などをわ...

飲食店が活用できる補助金・助成金・融資 8選

コロナ禍が続く中、店舗経営に日々奔走されていらっしゃる飲食店のみなさまは多いと思います。 飲食店の皆さまをサポートするため、今回、「飲食店が活用できる補助金・助成金・融資」を、8つ厳選してみました。 それぞれの特徴と申請方法などについて...

国税庁が補助金への圧縮記帳を適用!要件や方式、国税庁の指針を解説

圧縮記帳とは、事業者が一定の要件下で固定資産を取得した場合に実施できる、課税の繰り延べ手法を指します。 この記事では、この圧縮記帳を利用して補助金を有利に運用するための適用要件や方式、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます...

1次採択率は36%! 低採択率の事業再構築補助金で採択されるには?

この記事では、採択結果が公表された第1回公募の結果を例に、採択率が低い理由や採択されるためのポイントを解説します。

小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)解説|第3回申請(9月8日締め切り)スタート!

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が商工会議所や商工会のサポートのもとで経営計画書などを作成し、地道な販路開拓や生産性向上の取り組みを支援する制度です。今回は、その一つである「低感染リスク型ビジネス枠」について、わかりやすく解説します...

【2021年版】パソコン購入に関する補助金・助成金とは?内容や注意点

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークの拡大などに伴い、IT環境の推進などを支援するとともに、パソコンなどの設備導入に関する補助金や助成金も整えられています。 この記事では、こうした設備に関する補助金や助成金について、全国および東京...

【2021年版】障害者雇用に使える助成金とは?目的別に全てを網羅!

民間企業におけるに障害者雇用の法定雇用率が2021年3月から従来の2.2%から2.3%に引き上げられ、今後は多くの企業が障害者雇用に注力することが見込まれます。 この記事では、障害者雇用によって企業が受給できる助成金の要件について、網羅的...

7月30日公募開始!事業再構築補助金3次の概要・変更点と申請戦略とは

事業再構築補助金とは、政府・経済産業省主管により実施される制度で、中小企業が新分野展開や業態転換、事業・業種転換や事業再編、またはこれらの取組を通じた規模の拡大など、思い切った事業再構築にチャレンジすることを支援するものです。 今回、その...

補助金 に関する補助金をもっと見る

補助金に関する補助金をもっと見る