事業再構築補助金

事業再構築補助金申請の際にどの認定支援機関に依頼すべき? 正しく実績を確認し、失敗しない方法を解説!

事業再構築補助金申請の際にどの認定支援機関に依頼すべきか悩まれている方も多いと思います。 実際、 採択数をアピールせず「申請数」をアピールする会社の多くが、社内に認定支援機関を抱えず、仲介する会社になります。 なぜそのような会社に仲介される認定支援機関の質が低いか、どのように認定支援機関を選ぶべきか解説します。

コロナ禍直撃から「事業再構築補助金」で見えた理想の姿。グローバルスタートアップの決断

旧サービスであるお土産代行プラットフォーム「DOUZO」は、サービス開始から4ヶ月でユーザー数2万人を突破し、着実に業績を伸ばしている最中、昨年頭の新型コロナウイルス感染症の影響によりサービスを停止せざるを得ない状況に陥りました。 同社の上田社長は新規事業を模索する中、今後市場の成長が見込め需要のある「共同購入型EC」という貿易の新しい形を思いつき、そしてこの新サービスをグロースさせるための資金として事業再構築補助金による資金確保(4000万円台)を決意。 そこで、経営革新等支援機関である、株式会社Stayway(代表:公認会計士 佐藤淳)の申請支援を受けた決め手と支援後の変化について、同社の上田社長にお話を伺いました。

【第3回申請に向けて】ソフトウェアを活用した、思い切った事業再構築を支援!『事業再構築補助金』 活用ウェビナー 21年7月16日 

株式会社Stayway(代表取締役:佐藤淳 以下、stayway)は エアトリグループの株式会社ハイブリットテクノロジー(本社:東京都中央区)と事業再構築補助金を活用して新規にソフトウェアサービスを立ち上げる無料のWebセミナーを開催いたします。