おすすめ

<事業再構築補助金 2次公募不採択向け>まだ間に合う、3次公募に向けての事業再構築補助金の事業計画診断サービスを開始へ

株式会社Stayway(代表取締役 認定支援機関:佐藤淳 以下、stayway)は、残念ながら事業再構築補助金の第2次公募不採択だった事業者様に「第3次公募の採択率を高める」ための事業計画診断サービスをご提供いたします。 弊社通常サー...

[無料]事業再構築補助金の申請事業者必見!採択率別 認定経営革新等支援機関の選び方ガイド

採択率別 認定経営革新等支援機関の選び方ガイドでは、以下の疑問にお答えします ✔平均採択率はどのくらいか? ✔支援機関によって、採択率にどのくらいばらつきがあるか? ✔採択率が高い支援機関はどこか? 補助金の支援機関を探すと...

専門家活用で事業承継、引継ぎへ!「令和2年度第3次補正予算 事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用タイプ)」を徹底解説!

事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を後押しするための補助事業です。経営革新と専門家活用の2タイプあり、専門家活用タイプはM&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助します。

コロナ禍直撃から「事業再構築補助金」で見えた理想の姿。グローバルスタートアップの決断

旧サービスであるお土産代行プラットフォーム「DOUZO」は、サービス開始から4ヶ月でユーザー数2万人を突破し、着実に業績を伸ばしている最中、昨年頭の新型コロナウイルス感染症の影響によりサービスを停止せざるを得ない状況に陥りました。 同社の上田社長は新規事業を模索する中、今後市場の成長が見込め需要のある「共同購入型EC」という貿易の新しい形を思いつき、そしてこの新サービスをグロースさせるための資金として事業再構築補助金による資金確保(4000万円台)を決意。 そこで、経営革新等支援機関である、株式会社Stayway(代表:公認会計士 佐藤淳)の申請支援を受けた決め手と支援後の変化について、同社の上田社長にお話を伺いました。

【中小法人・個人事業者向け】21年9月分まで延長 月次支援金とは?

政府は、4月以降実施の緊急事態措置やまん延防止等重点措置による「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、売上が50%以上減少した事業者を対象に月次支援金を給付するとし、制度詳細が公表されています。 月次支援金の概要 「月次...

事業承継、引継ぎをきっかけに経営革新に挑戦!「令和2年度第3次補正予算 事業承継・引継ぎ補助金(経営革新タイプ)」を徹底解説!

事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を後押しすることを目的とした補助事業です。この補助金は、経営革新と専門家活用の2タイプあります。

おすすめ に関する補助金をもっと見る

おすすめに関する補助金をもっと見る