全国:ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型・グローバル展開型)/13次公募

この記事は約2分で読めます。
全国:ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型・グローバル展開型)/13次公募
全国
全業種

<一般型>
 -通常枠
機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

 -低感染リスク型ビジネス枠 → 10次公募より廃止
上記に加えて、広告宣伝費・販売促進費

<グローバル展開型>
機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費、海外旅費

4000万円

※本ページは補助金クラウド内で通年表示されるよう公募終了日を2023/03/31として記載しています。
※2023/01/12追記:14次公募の情報を更新しました。
-----
中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり、相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行い生産性を向上させるための設備投資等を支援する。

従業員数 補助額 補助率
通常枠 5 人以下 100~750万円

1/2

小規模企業者・小規模事業者、再生事業者:2/3

6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
回復型賃上げ・雇用拡大枠 5 人以下 100~750万円 2/3
6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
デジタル枠 5 人以下 100~750万円 2/3
6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
グリーン枠 エントリー類型 5 人以下 100~750万円 2/3
6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
スタンダード類型 5 人以下 750~1,000万円
6~20人 1,000~1,500万円
21人以上 1,250~2,000万円
アドバンス類型 5 人以下 1,000~2,000万円
6~20人 1、500~3,000万円
21人以上 2,000~4,000万円
グローバル市場開拓枠 100~3,000万円 1/2
小規模企業者・小規模事業者 2/3

出典:ものづくり補助金 公募要領

◆採択状況
直近の公募に対する採択状況は下記の通りです。

12次 〔一般型〕 3,200者 1,885者 約58.9%
〔グローバル展開型〕 56者 22者 約39.3%

◆14次締切分公募スケジュール:
公募開始:令和5年1月11日(水) 17時~
申請受付:令和5年3月24日(金) 17時~
応募締切:令和5年4月19日(水) 17時
○ 14次締切分の採択発表は、令和5年6月中旬頃を予定しています。

経済産業省
中小企業者,小規模企業者
66%
<一般型>
中小企業者等が行う「革新的な製品・サービス開発」又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援

<グローバル展開型>
中小企業者等が海外事業の拡大・強化等を目的とした「革新的な製品・サービス開発」又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援(①海外直接投資、②海外市場開拓、③インバウンド市場開拓、④海外事業者との共同事業のいずれかに合致するもの)
2022/08/18
2023/03/31
以下の要件をすべて満たす3~5年の事業計画を策定し、従業員に表明していること。
・事業者全体の付加価値額※1を年率平均3%以上増加
 ※1 付加価値額とは、営業利益、人件費、減価償却費を足したもの。
・給与支給総額※2 を年率平均1.5%以上増加
 ※2 給与支給総額とは、全従業員(非常勤を含む)及び役員に支払った給与等(給料、賃金、賞与及び役員報酬等は含み、
福利厚生費、法定福利費や退職金は除く)。
・事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする

・事前準備
申請にあたっては、事前にGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。
未取得の方はお早めに利用登録を行ってください。

・公募開始
・申請受付

・採択通知
・交付申請/交付決定

・補助事業期間
 -事業実施
 -中間検査
 -実績報告

・確定検査(交付額の決定)
・補助金の請求
・補助金の支払い
・知的財産権等報告
・事業化状況報告

ものづくり補助金事務局サポートセンター 受付時間:10:00~17:00(土日祝日および12/29~1/3を除く) 電話番号:050-8880-4053

※本ページは補助金クラウド内で通年表示されるよう公募終了日を2023/03/31として記載しています。
※2023/01/12追記:14次公募の情報を更新しました。
—–
中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり、相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行い生産性を向上させるための設備投資等を支援する。

従業員数 補助額 補助率
通常枠 5 人以下 100~750万円

1/2

小規模企業者・小規模事業者、再生事業者:2/3

6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
回復型賃上げ・雇用拡大枠 5 人以下 100~750万円 2/3
6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
デジタル枠 5 人以下 100~750万円 2/3
6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
グリーン枠 エントリー類型 5 人以下 100~750万円 2/3
6~20人 100~1,000万円
21人以上 100~1,250万円
スタンダード類型 5 人以下 750~1,000万円
6~20人 1,000~1,500万円
21人以上 1,250~2,000万円
アドバンス類型 5 人以下 1,000~2,000万円
6~20人 1、500~3,000万円
21人以上 2,000~4,000万円
グローバル市場開拓枠 100~3,000万円 1/2
小規模企業者・小規模事業者 2/3

出典:ものづくり補助金 公募要領

◆採択状況
直近の公募に対する採択状況は下記の通りです。

12次 〔一般型〕 3,200者 1,885者 約58.9%
〔グローバル展開型〕 56者 22者 約39.3%

◆14次締切分公募スケジュール:
公募開始:令和5年1月11日(水) 17時~
申請受付:令和5年3月24日(金) 17時~
応募締切:令和5年4月19日(水) 17時
○ 14次締切分の採択発表は、令和5年6月中旬頃を予定しています。

補助金クラウドの申請支援実績公開中!

▼支援事例は画像をクリックして確認ください

補助金のご相談なら補助金クラウド

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定されております。
補助金のご相談なら経験豊富な公認会計士のいる補助金クラウドにご相談ください。
補助金クラウドMag.が全国で選ばれる3つの特徴をご紹介します。

補助金クラウドが全国で選ばれる3つの特徴

  • 自社で達成したいことが明確であれば、おすすめの補助金をリコメンド
  • 申請前の相談はすべて無料
  • 採択率90%以上(直近実績)

独自のクラウドシステムおよび補助金データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のある補助金獲得支援を実現しています。

>>事業再構築補助金の申請代行はこちら
>>ものづくり補助金の申請代行ははこちら

 

シェア

運営からのお知らせ